ライン
   2005年
10月10日
発足
 代表 
浅原  欣多
管理
 酒井 可福
各固有の川柳感を持ち、川柳としての文学を楽しく遊び、お互いを高め合うことを目的として集う仲間の会とする。
文芸を基調に友となり、楽しく遊ぶことから、文芸の友と遊ぶ・・・文遊と吟社名を「文遊」とした。(表向き発言)
 吟社は各川柳会を助け合い尊重しあうことを会のモットーとする
  アイコン  勉強会
   萩 道半      
 川柳教室
 アイコン

  
江藤一市
八灯ネット教室
  千代 八灯

 2月句会
  2月 27日
 戸畑沖台
     アイコン
  定例句会
 幹事長 
 久保 羅漢
外務大臣渉外
 楠根 はるえ
泉睦会
   泉 桜子
 2011年 1月 句会
聞く耳を持つと思わぬ風に会う 浅原 欣多 6
いゝ坂だまだ靴が鳴る骨が鳴る 萩原 道半 6
粱になる夢も一度は爪楊枝 古谷 龍太郎 5
折紙の指にもどって来る昔 古谷 龍太郎 4
柵を抜け身の丈の思い切り 平川 店村 4
月が出るたびボタ山が遠くなる 山崎 蘭草 4
かたくなに筋を通して夜を独り 楠根 はるえ 3
何故だろう鼻が乾いてばかりいる 冨永 紗智子 3
挫折から明日を生き抜く機を探す 千代 八灯 2
無関心右脳左脳の昼寝する 楠根 勝 2
生と死の狭間 ・(コンマ)がわたしです 萩原 道半 2
老兵の誇り仕事は凛として 酒井 可福 2
ふところの深さにワタシ惚れました 小崎 国雄 1
返り花淡雪に朱を覗かせる 冨永 紗智子 1
アドバイスしても聞く者効かぬ者 酒井 可福 1
トライする明日があるから生きられる 小崎 国雄 1
身の丈の仕合わせ掴む老いの杖 江藤 さつみ 1
思案ひとつ背筋伸ばした空になる 浅原 欣多
二才の自覚お産のママにバイバイと 久保 羅漢
産声にホット爺婆泣き笑い 久保 羅漢
しなやかな舌に馴染んだ河豚の肝 楠根 はるえ
そろそろと思う人生四コマ目 楠根 勝
箸を滑らせ食う幸せに河豚供養 千代 八灯
煙突の真下で喪服が屯する 山崎 蘭草
ペディキュアーという意地もあり露地の霜 平川 店村
旧姓で呼び合う友と競う趣味 江藤 さつみ
   
メール アイコン メール kukau@bunyuu.net
ライン