豊前境川柳会のルール  戻る

 句会に参加するにあたり、簡単ルール言うか主旨を説明いたします。

投句について
1. 投句は毎月の課題に従って作句してください。
2. 投句は一つの課題について二句でお願いします。お一人様が複数の投句をされた場合、最初に投句した2句を無効とし最終の2句を採用させて頂きます。
3.投句は句会お知らせのページから投句してください。
修正 5月23日 4.100眼選に入選しなかった句を添削する事があります。
 投句する際に添削無用・添削許可の意思表示をお願いします。
  
修正23年5月 5.添削無用を意思を表示した場合、添削批評はいたしません。
  添削の先生が他界したため、添削はいたしません
選句について
1.定例句会に予めお願いした選者の先生に選句して頂き、次に参加者の皆さんに集句一覧をメールで送らせて頂きますので互選していただき、メールで選句結果を戻していただきます。
2.選句の基準は集句数により入選数を決めます。
 入選は集句数の3割切り捨て御免    集句が58句の場合 入選17句となります
佳句は入選句からまた3割とし       入選が17句の場合 佳句5句となります
秀句は佳句の中からまた3割とし      佳句  5句の場合 秀句1となります
    従い 集句が58句の場合  入選( 平抜き12句、佳句4句、秀句1句 )17句
 入選基準は参加人数と集句から別表(入選基準)により入選数を決めてます
投句数が多いと選句が大変です。従い表の最大入選数を限界とします。
評価
作句にたいする評価  平抜き 1点 、佳句 2点 、秀句 3点 と作句にたいするポイントを競うのですが、本句会では選者2名と互選の結果で得点評価します。
 得点の多い人から 1位〜20位又は参加者の上位約3割を入賞とします。
修正 23年5月 合点勝負 (同点の順位の付け方)
三点同点なら秀句の三点が上位、次が佳句2点+平入選、その次が平抜き三点の順です。
それでも同点であれば、投句の受付が早い方が上位となります。
また、みなさんが良いと評価した(互選で選ばれた)句の、上位の句を選べているかと言うことを数値にし、大衆度とか大衆感比を競う遊びで
修正 1月15日
こんな正解の無いことで競うのが遊びな訳です。
川柳の互選には、自分の句を選ぶことが出来ない原則が在りまして、
優秀な句を発表した人が不利になるため、得点比の定義を変更し、互選の満点から自分の互選得点を引いたものを基本点とします。

例)秀句1・佳句5・平抜き15の場合は合計28点となりますが、
 秀句3点と佳句2点に選ばれた人は5点選ぶ権利を失っていますから満点の28点から取得点5点を引き23点を基本点とします。
互選の高得点順に上位3割が入選とし、合計点を満点とします。
互選の上位に選ばれた句を多く選び個人得点を得ます
個人の得点÷基本点=得点比を出します
      (句会参加人数での得点差を考慮し比率としました)
大衆感性度=得点比×(50÷参加者の得点比の平均)
修正 23年5月 大衆感性度が点数が高い順に関脇・前頭とします。50点を界に中入り
70点を超えた場合、のみ横綱になります。
結果
遊んでるうちに、川柳の感性を身につくこと。
句会および互選結果の発表は別のベージで掲載し、会誌代わりにメールにて結果を報告いたします。
みんなが選ぶ100眼選の投票で何処が評判が悪かったか。
添削批評で更に前進 上手い人はそれなりに、下手な人もそれなりに
勉強ししたいと思います。